千葉幕張ロータリークラブ

会長あいさつ

千葉幕張ロータリークラブ

会長  砂畑 頼孝

本年度、千葉幕張ロータリークラブ第30代会長を務めることになりました。

1986年(昭和63年)県内70番目に誕生しました当クラブは、今年度30周年の節目を迎えることになり、諸先輩の方々が長年の間培って来られた「千葉幕張ロータリークラブの文化」を会員の皆様と力を合わせて、継承し、これからも尚一層クラブの発展の一助となりますよう努力を重ねて参ります。

本年度、イアン H.S. ライズリー RI会長のテーマ「Rotary: Making a Difference

(ロータリー:変化をもたらす)」です。

それぞれどのような方法で奉仕することを選んだとしても、その理由は、奉仕を通じて人々の人生に変化をもたらせることが出来るということだと思われます。

クラブが直面している課題に取り組めば、クラブに変化をもたらすことが可能であると思われます。

2017~2018 寺嶋哲生ガバナーの行動指針は「理念と実践~Think Next~」です。

職業倫理を中心に奉仕の理念を掲げるロータリーの本質は不変であります。

その理念を啓蒙し、理念を共有する会員の輪を拡大する為の手段として、身体的奉仕や金銭的奉仕の実践が求められるものと思われます。

千葉幕張ロータリークラブでは、会員の皆様と協力し、「会員増強」「例会の重要性」そして「職業奉仕の重要性」を改めて実践したいと考えております。

「会員増強」では、長期の目標でもありました40名を達成いたします。特に若い会員と女性会員の増強に力を入れます。

「例会の重要性」では、毎回がロータリーの勉強会であると考え、ロータリーの様々な事柄を会員歴の短い人に知って貰えるよう会員相互に努力を重ねます。

「職業奉仕の重要性」では、会員本人の職業の中で、先人達が自ら事業の継続性を願い、他にも己にも利益をもたらすものであることが職業奉仕の理想であることを改めて確認したいと考えます。

会員の皆さんと一致団結して、毎回の例会が楽しみで活気のあるクラブにしたいと考えておりますので、何卒一年間宜しくお願い申しあげます。

 

国際ロータリー第2790地区

CONTENT

千葉幕張ロータリークラブ

ホーム

TEL

FAX

043-245-3206

043-245-7525

例会場

アパホテル&リゾート「東京ベイ幕張ホール」

クラブ紹介

Copylight (c) Chiba-Makuhari ROTARY CLUB, All Rights Reserved.